善光寺バレー地域センター

  • ホーム
  • お知らせ
  • セミナー・イベント
  • 事業・研究会紹介
  • センター概要
  • 交通アクセス
  • 募集要項
  • レポート

「第60回技術交流会および第34回地域活性化研究会」開催のご案内

申込終了

概要

 令和2年度第1回目の技術交流会(通算60回)と地域活性化研究会 (通算34回)との合同会議を長野高専技術振興会,長野県中小企業家同友会,国立高専機構長野高 専地域共同テクノセンター および(公財)長野県テクノ財団善光寺バレー地域センターの共同事業の一環として下記のように計画いたしまし た. 
 時節柄ご多用のこととは存じますが,万障お繰り合わせの上ご出席いただきますよう ご案内申し上げます.
日時

2020年09月16日(水曜日)15:00~

場所 オンライン開催
交流会 大変申し訳ございませんが、恒例の高専テクノサロンは中止いたします
内容

次 第

○15:00~16:00 技術シーズ発表(教員研究紹介)

演 題 : 「①長野市下駒沢地区を対象とした被災状況と避難行動の事例報告」
       「②長野市のコンパクト+ネットアーク形成を考慮した用途別都市機能施設の集積が
                    居住地からの年齢階層および移動手段のトリップ特性に与える影響分析」

講 師 : 長野工業高等専門学校 環境都市工学科 教授 柳澤 吉保 氏

概 要 : ①:台風19号は長野市穂保の堤防決壊など流域に甚大な被害を与えた。
         報告では、講演者の前日からの情報収集と、避難行動の事例お伝えし、
         居住地周辺の河川状況の把握は適切だったか。被災者の事前の思い込み。
         被災時にとった行動、提供された情報収集の実態から課題は何かを、
         当時の行動を時系列的に振り返り、危険が迫った時のより適切な行動を
         皆さんに考えていただく機会としたい。
    
       ②: 近年、人口減少および少子高齢化に対応するため、都市部の公共交通ネットワーク上に
         中心拠点を設け、拠点エリアに都市機能施設を集積させ、市街地をコンパクトにすることで
         一定の人口密度を保つ取り組みが進められている。本研究は、中心拠点を基点に
         居住人口分布を表わす居住人口のアクセシビリティ(以下、AC) と人口密度との関係,
         また用途別都市機能施設の立地分布を表す用途別施設ACと施設までの集中トリップ
         の関係を分析した。

○16:00~16:10 休憩

○16:10~17:30 企業プレゼンテーション

・16:10~16:50
演 題 : 「工夫を凝らし、自社と地域の繁栄を目指して!」

講 師 : (株)やま 社長 赤池 健  氏
       
       ◇設立1955年  ◇従業員数32名  ◇事業内容:飲食業 ホテル業

概 要 : 長野市内セントラルスクエア公園や善光寺表参道を一望に眺められる
       やま茶屋屋上ビアガーデンなど、毎年地域に密着して事業を展開してきました。
       8月には初めてスイーツ店をオープンさせるなど時代の変化に果敢に挑戦中。


・16:50~17:10
演 題 : 「新築に負けない新たな価値づくり・リノベーション」

講 師 : (株)アドイシグロ 社長 石黒 ちとせ  氏

       ◇創立1928年  ◇従業員数20名 ◇事業内容: 広告美術業(看板製造)

概 要 : 築40年を越える共同住宅が、空き部屋が出てもすぐに借り手が現れる現状になっています。
       一室一室が仏ルーヴル美術館の雰囲気、和の趣等々、楽しさいっぱいのお部屋に
       生まれ変わっています。


--ご出席の可否を別紙申込書にご記入の上, E-mailまたは FAX にて
9月10日(木)までにお知らせ下さい.

(お問合せ先:TEL 026‐295‐7117 E-mail:nrtc71@nagano-nct.ac.jp)



お問い合わせ

〒380-0928 長野市若里1-18-1長野県工業技術総合センター3F
  • TEL.026-225-6650
  • FAX.026-225-6711

Eメールでお問い合わせをする。

見えないウイルスに立ち向かう長野県企業

長野県テクノ財団のメディカル産業分野における取組みの紹介

信州ITバレー推進協議会

Copyright(C) 2012 Nagano Techno Foundation. All rights reserved.