善光寺バレー地域センター

  • ホーム
  • お知らせ
  • セミナー・イベント
  • 事業・研究会紹介
  • センター概要
  • 交通アクセス

お知らせ一覧へ戻る

2020.12.22

第61回技術交流会および第35回地域活性化研究会<開催>

(一社)長野高専技術振興会 会員各位
                         主催:長野県中小企業家同友会、長野高専技術振興会 
            国立高専機構長野高専 地域共同テクノセンター
                    後援:(公財)長野県テクノ財団善光寺バレー地域センター                     

【 日時 】  令和3年1月20日(水) 15:00~

【 場所 】  オンライン開催

【 次第 】
○15:00~15:40 技術シーズ発表(教員研究紹介)
演題:「準天頂衛星システム「みちびき」 および5G用平面アンテナの開発」
講師:長野工業高等専門学校 電気電子工学科
教授 柄澤 孝一 氏
概要: 日本版GPSと呼ばれている準天頂衛星システム(QZSS,ニックネーム:
みちびき)は「単独測位」及び「自動運転」への応用に期待されている。また,
5Gは 「超高速」,「多数同時接続」,「低遅延・高信頼」の特徴をもち,実用
化が期待されている。今回QZSSと5Gの概要及び開発した平面アンテナについて紹
介する。

○15:40~15:50 休憩

○15:50~17:10 企業プレゼンテーション
・15:50~16:30
演題:「地域と共に歩む為の事業継続力の強化」
講師:(社福)賛育会 介護医療院とよの・賛育会クリニック
管理課長 荒井 伴行 氏
◇設立1918年3月にキリスト教の隣人愛に燃え、その実践を志す人たちによって
設立されました。
◇従業員数2,200名
◇事業内容:病院、老人保健施設、特別養護老人ホーム
概要:近年の自然災害(昨年は台風19号で被災)や今回の新型コロナ感染拡大。
今後も事業の継続を脅かすインシデント(天災、疾病事故等々)は起こってきま
すが、この際にどう向き合っていくのかについて報告頂きます。

・16:30~17:10
演題:「情勢の変化を見据えた新たな製品開発」
講師:(株)システムプラン
社長 原 勝敏 氏
◇設立1982年
◇従業員数82名
◇事業内容: ソフトウェア設計開発、システムサポート
概要:経営環境が激変する中、どの業界にあっても既存の事業に加えて新たな柱
を打ち立てていく必要があります。コロナ禍にあってどの様な変化があり、取り
組みを目指していくか等々について提起して頂きます。

●大変申し訳ありませんが、恒例の高専テクノサロンは中止いたします.

【 参加費 】  無料

【 申込締切 】  令和3年1月14日(木)

--ご出席の場合は申込フォーム( https://forms.gle/EuLEt3Z8QkC4U1iT7
   に必要事項をご記入の上、お申込みくださいませ。

(お問合せ先: TEL 026‐295‐7117 E-mail nrtc71@nagano-nct.ac.jp) 

見えないウイルスに立ち向かう長野県企業

長野県テクノ財団のメディカル産業分野における取組みの紹介

信州ITバレー推進協議会

NAGANO航空機クラスターネット

Copyright(C) 2012 Nagano Techno Foundation. All rights reserved.