諏訪テクノレイクサイド地域センター

  • ホーム
  • お知らせ
  • セミナー・イベント
  • 事業・研究会紹介
  • センター概要
  • 交通アクセス
  • 募集要項
  • レポート

環境・エネルギー技術研究会

SEE研究会 令和3年度 第1回全体研究会 :水素エネルギー講演会 

受付中

概要

令和3年度第1回全体研究会として、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機 構燃料電池・水素室 室長 大平 英二様、山梨県企業局 新エネルギーシステム推進室 坂本 正樹様をお招きし、水素エネルギーの現状を理解する上で有用な下記のご講演をいただきます。


募集対象者: SEE研究会会員、ものづくりに関わる経営者から技術者の方々、水素エネルギーに関心をお持ちの方々、企業支援の方々など多くの方々のご参加をお待ちしております。

オンライン(ZOOM配信)にて開催しますので、安心してご参加いただけます。



日時

2022年02月21日(月曜日)13:30~16:00 (受付 13:20~)

場所 ZOOMによるオンライン配信
定員 オンライン:60人
受講料 無料
お申し込み

受付中

お申し込みフォームからお申し込み下さい。

内容

13:30        あいさつ

13:35~14:45  講演1:「水素利活用に向けた動向」
                国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 
燃料電池・水素室 室長  大平 英二様

14:45~15:55  講演2:「カーボンニュートラルの実現へ!
                   山梨県における水素エネルギー社会の実践とYHCによるエネルギー需要転換への挑戦」 
                山梨県企業局 新エネルギーシステム推進室   副主幹 坂本 正樹様
        
15:55        連絡事項・閉会

<講演概要>
【講演1】
 カーボンニュートラルの実現に向けて、水素は重要な役割を果たすことが期待され、世界各国で取り組みが強化されています。最近の日本の政策、世界各国の動向と、これからを踏まえたNEDOでの技術開発の取り組み、方向性について解説していただきす。

【講演2】
 山梨県企業局では、再生可能エネルギーの導入拡大のため、気候により大きく変動する再生可能エネルギー由来の電力を吸収するPower to Gas システム技術開発を山梨県甲府市の米倉山電力貯蔵技術研究サイトにおいてNEDOの支援を得て進めておられます。1.5MWの固体高分子形水電解装置を起点とした水素の製造から利用までを一貫して行う実証研究を通じて、CO2フリー水素を活用する新たなエネルギーサービスによるビジネス創出に取り組まれており、その概況を発表していただきます。

<お申込み・お問い合わせ方法>
  2月14日(月)までに以下の参加申込書ご記入後E-mailでお送りいただくか、HPからお申し込みください。
  定員になり次第締め切らせていただきます。
  2月16日迄に参加URLをメールにてお送りします。
  もし、申し込みをされたにも関わらず3日前になっても届いていない場合はご連絡ください。

 ◎参加申し込み・問い合わせ先
   公益財団法人長野県テクノ財団 諏訪テクノレイクサイド地域センター(担当:延谷)
   〒392-8601 諏訪市上川 1-1644-10 (諏訪合同庁舎内)
   E-mail:tsu-nobutani@tech.or.jp 
   Tel:0266-53-6000 (内線2665) 

お問い合わせ

〒392-8601 諏訪市上川1-1644-10 諏訪合同庁舎内
  • TEL.0266-53-6000
  • FAX.0266-57-0281

Eメールでお問い合わせをする。

見えないウイルスに立ち向かう長野県企業

長野県テクノ財団のメディカル産業分野における取組みの紹介

信州ITバレー推進協議会

NAGANO航空機クラスターネット

Copyright(C) 2012 Nagano Techno Foundation. All rights reserved.