(株)サイベックコーポレーション

超精密・低コスト化を実現する革新的プレス加工

事業内容

 株式会社サイベックコーポレーション(SYVEC)では、社名の一部でもあるVEC(Value Engineering for Customers)をミッションステートメントとして掲げ、独自開発の「冷間鍛造順送型」をコア技術としております。切削加工部品を「冷間鍛造順送工法」へ工法転換することにより、低コストにて超精密三次元形状部品を生産することが可能です。現在は自動車用シート部品、ブレーキ部品等といった、コスト要求と同時に高品質・安全性能が求められる機能部品に多く用いられています。

冷間鍛造順送加工ライン(600tサーボプレス)


技術・製品

 プレスは他工法と比較し大幅に安く大量生産できる工法ですが、従来、製品形状が単純で素材が薄い部品がほとんどでありました。サイベック開発の「冷間鍛造順送型」では、一つの金型の中でt=12mmまでの厚板の素材厚さを変えながら、潰しや絞りや曲げなど15以上の複合工程を盛り込むことにより、従来のプレスの概念を覆す、高精度な三次元形状部品を作り出すことが可能です。また鍛造のファイバーフローを最適にコントロールすることにより部品強度が上昇するため、強度確保が薄い素材で可能となり、軽量化を図ることが可能です。

冷間鍛造順送型プレス部品(自動車用機能部品)


企業DATA
▪所在地
長野県塩尻市広丘郷原南原1000-15
▪代表者
平林 巧造
▪問合窓口
•バリューテクノロジー研究所
•長田 直樹
▪TEL
0263-51-1800
▪FAX
0263-53-5100
▪URL
http://www.syvec.co.jp/
▪E-mail
osada@syvec.co.jp
▪主要設備
[プレス機]
600tサーボプレス(SYVEC-アミノ)2台、300tリンクプレス(SYVEC-DOBBY)4台、300tリンクプレス(SYVEC-WASINO)3台 他18台
[NC加工機]
ワイヤーカット放電加工機(AGIE10台・マキノ4台)、プロファイル研削盤(アマダ 1台・和井田 3台)、マシニングセンタ、平面研削盤 他加工機多数
▪取得資格
ISO9001
ISO14001
ISO/TS16949