KOA(株)

高信頼・高品質による製品の差別化

事業内容

 抵抗器を主力に、コイル、チップヒューズ、バリスタ、温度センサなどの受動部品や、ハイブリッドIC,LTCC(低温焼成セラミックス)多層基板などを開発・製造・販売をしています。主力製品である抵抗器は、売上高の約80%を占め、面実装タイプからリードタイプまで、さまざまな抵抗器をご提供しています。車載向けをはじめとした、航空、宇宙、医療など、高い信頼性レベルを要求されるアプリケーションにおいても安心してお使いいただける製品をご提供するため、製品不具合の社外流出ゼロをめざす「ゼロディフェクト・フロー」を推進し、高信頼・高品質による製品の差別化に取り組み続けています。

金属板タイプ抵抗器


技術・製品

 ペースト状の材料をスクリーン印刷にて数十ミクロンの厚さの膜を形成する「厚膜技術」、スパッタなどの着膜技術により1ミクロン以下の非常に薄い膜を形成する「薄膜技術」、金属線や金属板を加工して抵抗器を製造する「金属技術」、セラミックス系の材料を使用して積層基板や構造用セラミックスなどを製造する「セラミックス技術」などを保有しています。薄膜技術を用いた高精度な金属皮膜チップ抵抗器や白金薄膜温度センサ、金属技術を用いた数ミリオームの電流検出用抵抗器、セラミックス技術を用いた高い寸法精度のLTCC多層基板などを製品化しています。金属皮膜チップ抵抗器は、宇宙用途向けのJAXA認定品(JAXA-QTS-2050/J401)をラインアップしています。

LTCC多層基板


企業DATA
▪所在地
長野県上伊那郡箕輪町
大字中箕輪14016 
KOAパインパーク内アースウイング
▪代表者
代表取締役社長 向山 孝一
▪問合窓口
•プロダクトマネージメントセンター
•小松 正浩
▪TEL
042-336-5300
▪FAX
042-336-5353
▪URL
http://www.koanet.co.jp
▪E-mail
ma-komatsu@koanet.co.jp
▪主要設備
【製造装置】スクリーン印刷装置、焼成炉、トリミング装置、着膜装置、セラミックス材料成形装置、シート積層装置など
【分析装置】集束イオンビーム付きSEM(FIB-SEM)、原子間力顕微鏡(AFM)、ガスクロマトグラフィー質量スペクトル(GC-MS)、微小部波長分散型分析機(EPMA)など
▪取得資格
ISO9000
ISO/TS16949
ISO/IEC17025
ISO14001