伊那テクノバレー地域センター

  • ホーム
  • お知らせ
  • セミナー・イベント
  • 事業・研究会紹介
  • センター概要
  • 交通アクセス
  • 募集要項
  • レポート

リサイクルシステム研究会

伊那谷自然エネルギー地産地消セミナーのご案内「持続可能な地域を目指して」!

申込終了

概要

 

令和2年(2020年)10月、政府は「2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、いわゆる2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」ことを宣言しました。

これまでに、2050年二酸化炭素排出量実質ゼロ」に取り組むことを表明した地方公共団体は、208自治体(28都道府県、180市区町村)、域内人口で9,045万人(119日現在)にのぼっており、長野県も令和元年(2019年)12月に「気候非常事態」を宣言、「2050年二酸化炭素排出量実質ゼロ」の実現に向けて、「長野県脱炭素社会づくり条例」を制定し取り組んでいることはご存知のことと思います。

伊那テクノバレー地域センター・リサイクルシステム研究会では、伊那谷における資源循環を推進してきましたが、エネルギー分野に関しても、伊那谷の資源を活かした自然エネルギーの地産地消の推進を通じ、持続可能で災害に強い地域づくりを進めていきたいと考えており、その推進を図るためのセミナー(勉強会)の第一弾を企画いたしました。

今回のセミナーでは、県内外各地において自然エネルギーによる地産地消や地域づくりの取り組みを支援している信州大学の茅野恒秀様を講師にお招きし、その活動内容や当地域への展開についてお聞きします。また、長野県環境部ゼロカーボン推進室からは、国・県の方針や取り組みについて、地域資源の循環・再エネ活用を通じて地域課題を解決する実証実験に取り組んでいる企業からは、バイオガスの活用の事例紹介など、それぞれのお立場からお話をいただきます。

脱炭素やエネルギー問題、地域づくりにご関心のある多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 

日時

2021年02月15日(月曜日)13:30~15:30(受付13:00~)

場所 伊那技術形成センター 若しくは オンライン ※申込フォームで申込の際は会場かオンラインかご記入ください。
定員 会場 30人 オンライン 100人
受講料 無料
内容

【講演内容】

◆ 基調講演 「エネルギー自立地域の確立に向けて」       
   講師 信州大学人文学部 准教授 茅野 恒秀 氏

『長野県脱炭素社会づくり条例でうたわれている省エネの推進と地域主導型の再生可能エネルギーの導入及び利用促進による「エネルギー自立地域の確立」に向けて、県・市町村・事業者及び県民が協働して取り組むこと、地域性をふまえた具体的検討が求められていきます。本講演では、地域主導の脱炭素社会づくりの動向について、国内外の事例をふまえながら話題提供いただきます。』
      
◆ 講演 「2050ゼロカーボン社会の実現に向けて」 
   講師 長野県 環境部 ゼロカーボン推進室 室長 柳原 健 氏

   
◆ 講演「バイオガス活用事例:自立分散型の循環のまちづくり」
   講師 アミタ株式会社 社会デザイングループ 宍倉 惠 氏

◆ 対象者  
 企業経営者および企業関係者(環境管理職、生産技術職、エネルギー管理職など)、行政職員、電力事業者、自然エネルギー利用や地域づくりに関心のある方。

◆ 新型コロナウイルス感染症防止対策について
(1)セミナー会場は収容人員100人に対し定員を30人程度とし、座席間隔を空け、換気を行うなどの三密防止対策を講じます。
(2)新型コロナウイルス感染の拡大状況によっては、延期・中止、またはオンライン開催のみに変更することもありますのでご了承願います。
(3)会場にてご参加いただく方については、体調不良(発熱、咳、倦怠感などの症状)がないことを確認いただき、入退場時の手指消毒、マスクの着用にご協力をお願いします。なお、入場時には体温計測をさせていただきます。(37度以上の場合は入場をご遠慮いただきます)。

◆ 申込締切
  令和3年2月5日(金)(Zoomの接続先URL・IDについては後日ご連絡いたします。)
※オンラインでお申し込みの方は、その他連絡事項の欄に会場かオンラインか必ずご記入ください。

お問い合わせ

〒399-4501 伊那市西箕輪2415-6伊那技術形成センター内
  • TEL.0265-76-5668
  • FAX.0265-73-9023

Eメールでお問い合わせをする。

見えないウイルスに立ち向かう長野県企業

長野県テクノ財団のメディカル産業分野における取組みの紹介

信州ITバレー推進協議会

NAGANO航空機クラスターネット

Copyright(C) 2012 Nagano Techno Foundation. All rights reserved.