本部事業

  • ホーム
  • お知らせ
  • セミナー・イベント
  • 事業・研究会紹介
  • センター概要
  • 交通アクセス
  • 募集要項
  • レポート

ゼロカーボン技術開発促進事業

令和3年度 第2回 「磁気エレクトロニクス研究会」の参加者を募集いたします!

申込終了

概要

令和3年度 第2回 「磁気エレクトロニクス研究会」

の参加者を募集いたします!

私たちを取り巻く電機機器には、電子デバイスと磁気デバイスとが組み合わされており、例えば、半導体に代表される電子デバイスは微細化や新材料開発が進み、磁気デバイスについても同様に高度化、小型化に向けた研究開発が重要視されています。

このため、長野県テクノ財団ではゼロカーボン技術の開発促進事業として、新たな技術開発へつなげていきたいと考え、磁気エレクトロニクス研究会を立ち上げています。今年度の第2回は、磁気現象の利活用と求められる磁性材料に関して、次の3つのテーマについて講演を行います。

1番目は信州大学の田代先生から、電磁界現象の様々な利活用について、 2番目は千葉工業大学の安川先生から、機能デザインに基づく磁性材料の創製について、3番目は電磁材料研究所の直江様から、高周波特性に優れた磁性材料について、ご講演をいただきます。

電子・磁気関係にご関心がおありでしたら、どなたでも参加いただけますので、産業界をはじめとする幅広い分野の皆様のご参加をお待ちしております。      

 

◆開催日時  令和3年11月25日()13:3015:50

◆開催方式  zoomによるオンライン開催

◆講  演

講演Ⅰ    13:3514:1540分間) 

         【電磁界現象を用いた異能vation(イノベーション)研究】

           信州大学   工学部 電子情報システム工学科 

           准教授      田代 晋久 先生

講演Ⅱ    14:1514:55 (40分間)

         【機能デザインに基づいた新しい磁性材料の創製】

           千葉工業大学 工学部 電気電子工学科

           准教授     安川 雪子 先生

講演Ⅲ     15:0515:4540分間)

         【高周波特性に優れるナノグラニュラー磁性薄膜】

          公益財団法人 電磁材料研究所 デバイス用高機能材料開発部門 

          主任研究員  直江 正幸 様         

◆主  催   公益財団法人 長野県テクノ財団

◆共  催   IEEE MAG33 Shin-Etsu Sect.Chap.

          信州大学スピンデバイステクノロジー研究センター

◆定  員  :50名程度

◆参加費  : 無料

◆申込方法 : 令和3年11月18日(木)までに下記のお申し込みフォームから、又は開催案内の応募用紙にご記入の上メールまたはFAXでお申込ください。

*申込フォームからお申込みの方は、「その他連絡事項」の欄に「内容を録音、録画しません」とご記入ください。

◆お申込、お問合せ先 : 公益財団法人長野県テクノ財団  担当:遠藤

  TEL026-226-8101  FAX026-226-8838  E-mailkan.ene@tech.or.jp 

日時

2021年11月25日(木曜日)

お問い合わせ

〒380-0928 長野市若里1-18-1長野県工業技術総合センター3F
  • TEL.026-226-8101
  • FAX.026-226-8838

Eメールでお問い合わせをする。

見えないウイルスに立ち向かう長野県企業

長野県テクノ財団のメディカル産業分野における取組みの紹介

信州ITバレー推進協議会

NAGANO航空機クラスターネット

Copyright(C) 2012 Nagano Techno Foundation. All rights reserved.