浅間テクノポリス地域センター

  • ホーム
  • お知らせ
  • セミナー・イベント
  • 事業・研究会紹介
  • センター概要
  • 交通アクセス
  • 募集要項
  • レポート

農商工連携・地域資源発掘研究会(~H25)

AREC・Fiiプラザ 第139回リレー講演会 第1回 「農商工・地域資源活用発掘研究会」

レポート

概要

AREC/Fii主催で浅間テクノポリス地域センター共催の「農商工・地域資源活用発掘研究会」の第1回
「製造業の農産物加工進出の可能性について」のご案内をいたします。

3つの講演会ならびに、終了後に交流会もございます。
詳しくは申込ご案内のWordファイルまたは、下記をご覧下さい。

お申込先は直接 AREC・Fiiプラザ事務局 までメールまたはFAX(0268-21-4382)にてお申し込み下さい。

※浅間テクノポリス地域センター事務局が申込窓口ではありませんのでお気を付け下さい。

日時

2012年10月18日(木曜日)15:00~17:30

場所 AREC [上田市産学官連携支援施設] 4階
受講料 無料
交流会 終了後に講師を交えて名刺交換交流会開催(参加費無料)
内容

■内容
(講演1)15:00~15:50
演題『農山漁村の6 次産業化と製造業の展開可能性』
講師:株式会社産直新聞社 代表 毛賀澤明宏氏
農水省「地産地消の仕掛人」/ARECアドバイザー

概要
長野県から全国をつなぐ産直ネットワークづくりを進めながら、
直売所・加工所を中心とした地域振興を多数サポートしている。
6 次産業化プランナーも兼務している。その視点から、現在、
農水省が進める農山漁村の6 次産業化の現状と課題、食品産業を
はじめとする製造業の6 次産業化への参画の可能性などについて、
県内外の具体的取組みを紹介しながら報告する。各地の農商工連携
事業にも関わり広い人的ネットワークを活かして、具体的な
事業展開の方向性を提示。

(講演2)15:50~16:40
演題『農村手造り加工の現状と課題』
講師:有限会社小池手造り農産加工所 取締役会長 小池 芳子氏
農水省6 次産業化ボランティアプランナー

概要
下伊那郡喬木村に本社を置く小池手造り農産加工所は、農家から
農産物の加工を引き受け、農家の名前で販売できる形にして戻す、
「農村受託加工」という業態を全国で先駆けて事業化した。現在、
全国で約2000軒の農家と取引する。小池会長はその先駆者で、
全国のカリスマ的存在。6次産業化の鍵を握る受託加工の重要性と
課題を、自らの経験を踏まえて話すほか、食品製造業者が、地場産品を
利用した加工事業を進める場合に、問題となることがらなどを具体的に話す

(講演3)16:40~17:30
演題『「ながの地域ブランド郷土食」の取組みと食品製造業の課題』
講師:信州大学工学部 教授 天野 良彦氏
信州大学地域共同センター長/信州科学技術総合振興センター副センター長

概要
生物機能化学が専門で、水熱反応と酵素反応の複合的技術を開発・
活用して、地元産農産物や食品残渣を活用した新商品づくりや、
バイオマスエネルギーの有効活用などの実践的研究を多く進めている。
農商工連携による長野地域の特産品づくりでもリーダーシップを発揮し、
文部科学省の補助事業「ながの地域ブランド郷土食」で多くの新商品を
生み出すとともに、そうした事業を進める地域人材の育成に務めてきた。
その経験を踏まえ、現在の食品製造業の課題を浮き彫りにする

お問い合わせ

〒386-8567 上田市常田3-15-1信州大学繊維学部内
  • TEL.0268-23-6788
  • FAX.0268-23-6673

Eメールでお問い合わせをする。

長野県テクノ財団のメディカル産業分野における取組みの紹介

Copyright(C) 2012 Nagano Techno Foundation. All rights reserved.