諏訪テクノレイクサイド地域センター

  • ホーム
  • お知らせ
  • セミナー・イベント
  • 事業・研究会紹介
  • センター概要
  • 交通アクセス
  • 募集要項
  • レポート

幾何公差実践研究会

第12回(令和元年度)幾何公差実践研究会

申込終了

概要

図面に表現される記号(情報)は、それに係るメンバー(お客様、設計、営業、生産技術、製造、品質管理等)間での意思伝達の重要な役割を果たすべく表記されています。寸法を制御するものが 「寸法公差」 であるのに対して、形状(姿勢・位置・振れ)を制御するものが幾何公差」です。

しかしながら、正しくそれらの情報を表記・理解しないと全くの別物(不良品ともいう)が出来てしまうことがあります。

幾何公差の考え方と使い方を学び、実践能力を向上することで、高品質で低コストなものづくりに寄与するための実践研究会(全15回)を開催します。


■申込締切り  5月13(月) 定員になり次第 締め切ります

 ※ 残り0名(5月8日12:10時点)となりましたので、申込を締め切らせていただきました。

なお、申込者の方には、第一回の講義資料をe-mailにて配信いたしました(5/16)。受け取られていない方がいらっしゃいましたら、ma-takeuchi@tech.or.jpまで、連絡をお願いいたします。

講義資料は、各自で印刷し、持参くださるようお願いいたします。






日時

2019年05月21日(火曜日)から2019年10月01日(火曜日)13:30~16:30

場所 長野県工業技術総合センター 精密・電子・航空技術部門
定員 16名
受講料 30,000円/1人

長野県テクノ財団のメディカル産業分野における取組みの紹介

DTF BRINGS YOU CONTENTMENT 長野県諏訪地域におけるDTF研究会の取組み

Copyright(C) 2012 Nagano Techno Foundation. All rights reserved.