イベントアーカイブス

イベントアーカイブス一覧へ戻る

2011.04.14

アジア圏航空・宇宙展示商談会開催

アジア圏航空・宇宙展示商談会
"Asian Aerospace 2011"
***熱気に包まれテイクオフ***

第3回アジア圏航空宇宙国際展示会(Asian Aerospace International Expo & Congress 2011)が3月8日(火)、航空百周年に湧く香港の亜州国際博覧館(Asia World-Expo)で開幕した。

民間航空産業分野では、今後20年間にわたって成長が見込まれ、世界最大市場として注目されるアジア・太平洋地域。LCCの普及や中国での空港・航空機投資計画の発表などの動きも相まって、地元香港の企業はもとより世界32ケ国から航空機産業270社が出展、会場フロアにはエアバス、ボーイイング、スホイなどに加え、中国商用航空会社(COMAC)の最新鋭機のモデルがラインナップした他、各国の航空機部品・備品、サービスなども勢ぞろいした。

オープニングセレモニーでは獅子舞と太鼓や民族衣装といった香港情緒漂う中でテープカットが行われ、次世代"制空権"を賭けた熱い闘いが始まった。

長野県からはJETROビリオンに長野航空宇宙プロジェクトとして2小間ブースを設け、(有)GEN CORPORATION(松本市)、(株)羽生田鉄工所(長野市)、飯田航空宇宙プロジェクト(飯田地域)の3者が出展し、世界各国からの業界関係者にMade in NAGANOの航空宇宙関連技術を売り込む。

長野県テクノ財団からも専任スタッフを3名派遣し、各者の出展支援を行うと共に、ポスト自動車産業の有力候補である航空宇宙分野の可能性を調査する。展示会は3日間で前回(約1万2千名/2009)を上回る来場を見込む。

(2011/03/08香港発=長野県テクノ財団海外展開支援プロデューサー岡本則久)

Photo

下記のイメージをクリックしますと写真が大きく表示されます。

Copyright(C) 2012 Nagano Techno Foundation. All rights reserved.