イベントアーカイブス

イベントアーカイブス一覧へ戻る

2011.12.22

ASEAN地域最大級の金属加工、工作機械見本市「METALEX2011」が開幕

20111222photo_01.jpg

~Your manufacturing's DNA~

ASEAN地域最大級の金属加工、工作機械見本市「METALEX2011」が開幕

未曾有の洪水のために延期を余儀なくされたアジア最大級の金属加工機械及び工作機械見本市「METALEX2011」が21日(水)、タイのバンコク国際貿易展示場(BITEC)で開幕しました。

25回目ともなる今年のテーマは"MANUFACTURING REVIVAL"(モノづくり再興)。

オープニングセレモニーではタイの閣僚らが洪水の被害を受けた企業に対して、最大限の援助と早急な復旧を約束すると宣言。タイ中部を襲った大洪水で1カ月以上遅れての縮小開催となったものの、11カ国の特設パピリオンの他、世界各国から2,700を超える企業と、約4,000の新型加工機械、技術、加工品などが並びました。

20111222photo_02.jpg

見本市会場は多くの来場者の熱気に包まれ、タイの金属加工業界の健在ぶりをアピールしていました。長野県からは、日本貿易振興機構(JETRO)の支援を受けて、(株)アルプスツール(坂城町)、オリオン機械(株)(須坂市)、(株)サイベックコーポレーション(塩尻市)、太陽工業(株)(諏訪市)、東洋精機工業(株)(茅野市)、㈱ホクト精工(千曲市)の6社(過去最多)が出展。NAGANOのモノづくり産業が誇る"超精密技術"をPRするとともに、商談コーナーには多くのバイヤーらが訪れています。

展示会は24日(土)まで続き昨年を凌ぐ68,000人もの来場者を見込んでいます。

(財団法人長野県テクノ財団海外展開戦略支援オフィス プロデュ―サー若林謙一)

Photo

下記のイメージをクリックしますと写真が大きく表示されます。

Copyright(C) 2012 Nagano Techno Foundation. All rights reserved.