成果事例

成果事例一覧へ戻る

2018.09.28

財団事業成果事例「「災害用飲用水浄水装置」の開発・実用化」 のご紹介

 諏訪テクノレイクサイド地域センターが支援した「「災害用飲用水浄水装置」の開発・実用化」について紹介いたします。本成果事例は、どんな水源からでも飲用水が確保可能で、ろ過方式に活性炭吸着塔と逆浸透膜(RO膜)を採用し、汚染除去率は99%を実現しました。また、飲用水量は250ℓ/h(1人1日3ℓ供給で約2,000人分に相当)で、リヤカー搭載型の移動式浄水装置とし、少人数での可搬も可能としました。

 

 詳細は下記よりPDFをダウンロードしてご覧ください。

「災害用飲用水浄水装置」の開発・実用化 500.1 KB

Photo

下記のイメージをクリックしますと写真が大きく表示されます。

長野県テクノ財団のメディカル産業分野における取組みの紹介

DTF BRINGS YOU CONTENTMENT 長野県諏訪地域におけるDTF研究会の取組み

Copyright(C) 2012 Nagano Techno Foundation. All rights reserved.