成果事例

成果事例一覧へ戻る

2011.02.03

平成22年度「技術シーズ育成事業」の紹介 (その4)

長野県テクノ財団では、大学等の技術シーズや知的クラスター創成事業等の成果を、県内企業における新技術・新製品の事業化に繋げるため、産学連携、産産連携による研究開発グループに対して、開発支援(研究開発委託)を行っています。平成22年度は、初期(F/S)段階の研究開発に対して支援を行う「一般枠」(研究費200万円規模)が8件、早期製品化を目指す研究開発に対して支援を行う「特別枠」(研究費500万円規模)を5件採択し、現在、それぞれの研究会において研究開発が進められています。

◆【超音波はんだリフロー炉の研究開発】(特別枠)
◆研究会メンバー アスリートFA(株)(諏訪市)、ESB(株)(静岡県)、諏訪東京理科大学
◆担当コーディネータ 小泉 祐延(諏訪テクノレイクサイド地域センター)
◆研究開発概要
  半導体実装用の基板に微小なはんだバンプを製作するプロセスにおいて、はんだバンプ溶解リフロー時に、超音波を印加可能な「超音波はんだリフロー炉」を開発します。
  これにより、同リフロー工程後の品質、歩留まりの向上とリフロー後の無洗浄化を実現します。
  この度「超音波はんだリフロー炉」の試作機が完成し、セミコン・ジャパン2010に出展しました。
  来年度にも半導体関連メーカーの開発部門向けに製品化し、将来は量産向けとして10億円規模の事業に育てていく計画です。(写真は試作機及び本研究開発プロジェクトのプロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャー(担当コーディネータ)との研究開発の実施風景)

Photo

下記のイメージをクリックしますと写真が大きく表示されます。

Copyright(C) 2012 Nagano Techno Foundation. All rights reserved.