成果事例

成果事例一覧へ戻る

2012.05.09

平成23年度技術シーズ育成事業(特別枠)のご紹介(その1)

 長野県テクノ財団では、大学等の技術シーズや知的クラスター創成事業等の成果を、県内企業における新技術・新製品の事業化に繋げるため、産学連携、産産連携による研究開発グループに対して、開発支援(研究開発委託)を行っています。平成23年度は、初期(F/S)段階の研究開発に対して支援を行う「一般枠」(研究費200万円規模)が5件、早期製品化を目指す研究開発に対して支援を行う「特別枠」(研究費500万円規模)を4件、企業間連携による研究開発に対して支援を行う「産産連携枠」を1件採択し、現在、それぞれの研究会において研究開発が進められています。


【生体情報計測のためのスマートスペクトルチップの研究開発】(特別枠)

◆研究会メンバー (株)ミュウテック、(有)マイクロキット、バイナリス、新光電気工業(株)、
            (株)ニチワ工業、(株)西澤電機計器製作所、信州大学

◆担当コーディネータ 若林 信一(公益財団法人長野県テクノ財団)

◆研究開発概要
 企業と大学などの研究者・技術者が協力して、非侵襲型の血液中グルコース(血糖値)センシング装置の開発を目指して研究を進めています。
 今回はそのうち、装置の小型化に向けたデータプロセシング部のマイクロモジュール化を達成しました。具体的には、分光デバイスの駆動および近赤外吸収のスペクトルの取得、血糖値算出のアルゴリズムを一体化し、PCを必要としないシステム(150×100×50 mm)を開発しました。この研究成果は分光システム部を除いた他のすべての小型化の課題をクリアするものです。
 さらに本研究会では、オリジナル小型分光MEMSデバイスの開発を進めています。このMEMSデバイスを今回の研究成果と統合させることで、小型で高精度な通信機能を備えた小型非侵襲血糖血計測器の製品化を目指して引き続き研究開発を進めます。

Photo

下記のイメージをクリックしますと写真が大きく表示されます。

Copyright(C) 2012 Nagano Techno Foundation. All rights reserved.