成果事例

成果事例一覧へ戻る

2014.07.24

平成25年度技術シーズ育成事業のご紹介(その2)

  長野県テクノ財団では、大学等の技術シーズの成果を、県内企業における新技術・新製品等の早期事業化に繋げるため、産学連携による以下の研究グループに対して開発支援を行いました。

 

 

【小型サイクロイド減速機の高効率化研究開発】

 

◆研究メンバー      株式会社サイベックコーポレーション

                国立長野工業高等専門学校

 

◆担当コーディネータ   川手修一(アルプスハイランド地域センター)

 

◆研究開発概要

  アクチュエータは省エネを図るため電動化へのシフトが加速している。そこに使用されるモーターは高効

  率・小型化を図るため高回転化しているが、減速機は従来の多段遊星歯車などであるため効率も低く、

  アクチュエータ全体の小型化のネックとなっている。そこで、独自のサイクロイドギヤ設計技術・冷間鍛造

  プレス加工技術を用いて極小モジュールを持つサイクロイドギヤの製作技術を開発し、減速機の小型・軽

  量化を実現しました。

Photo

下記のイメージをクリックしますと写真が大きく表示されます。

Copyright(C) 2012 Nagano Techno Foundation. All rights reserved.