伊那テクノバレー地域センター

  • ホーム
  • お知らせ
  • セミナー・イベント
  • 事業・研究会紹介
  • センター概要
  • 交通アクセス
  • 募集要項
  • レポート

新産業創出支援

第4回「信州機能性食品開発研究会」のご案内

申込終了

概要

  食品は、一般食品の他、未病(予備群)の人を健康な状態に戻す機能性食品、健康食品、特定保健用食品があります。また、すでに病気になってしまった人は、医薬品が必要になります。両者は、食品衛生法、薬事法で管理されていますが、杜仲の樹皮は、薬事の範囲で、葉は健康食品となってます。また、桑の根は薬事で、葉は健康食品となっています。このように両者は微妙な関係にもあります。このため、生薬由来の薬事についても情報として知っておく必要があると考えますので、今回は、岡谷ご出身の生薬資源分野の富山大学 小松かつ子氏に講演をお願いしました。  現在岡谷市では、永田徳本(トクホン)が在住したことから"薬草の町おかや構想"を推進しており、福島の放射能飛散、海外の資源枯渇から当県は、薬草栽培関連ビジネスの拠点としても大きな可能性を秘めています。  併せて、養命酒製造(株)中央研究所 芦部氏より「生薬成分とアルコールの作用」について、KOA(株)よりバチルスに関する研究発表をいただきます。

 講演は、1時30分からですが、12時45分より養命酒製造(株)様の見学も実施しますので、希望される方は、この時間にお集まりください。

 

日時

2013年03月15日(金曜日)13:30~16:45

場所 養命酒製造(株)駒ヶ根工場
内容

講演
(1)「食品産業、野菜栽培におけるバチルス菌の活」
   KOA(株)技創りセンター要素技術開発グループ 栗林伴幸氏

(2)「生薬成分とアルコールの作用」
   養命酒製造株式会社 中央研究所  芦部文一郎氏

(3)「富山県における薬草栽培の歴史的背景と生薬資源の紹介」
   富山大学 生薬資源科学分野 教授 小松かつ子氏

お問い合わせ

〒399-4501 伊那市西箕輪2415-6伊那技術形成センター内
  • TEL.0265-76-5668
  • FAX.0265-73-9023

Eメールでお問い合わせをする。

Copyright(C) 2012 Nagano Techno Foundation. All rights reserved.