伊那テクノバレー地域センター

  • ホーム
  • お知らせ
  • セミナー・イベント
  • 事業・研究会紹介
  • センター概要
  • 交通アクセス
  • 募集要項
  • レポート

スマート介護・福祉研究会

「介助の現場から知る!日常生活動作(ADL)支援製品創出セミナー」

受付中

概要

伊那テクノバレー地域センターでは、長野県上伊那地域振興局や箕輪町商工会と連携し、ADL支援製品創出のためのセミナーを開催いたします。

「ADL」とは"Activities of Daily Living"の略称で、「Aはアクティビティー(動作)、「DLはデイリーリビング(日常生)を指し、「起居動作・移乗・移動・食事・更衣・排泄・入浴・整容」等の日常生活を送るために、最低限必要な動作のことをいいます。

高齢化社会が進む中、誰もが自立した豊かな生活をおくるために、産学官を交えた地域でのADL支援の取組みが社会的課題となっており、そのために必要な製品を創出し、新たな地域産業のひとつとして育てていくことが求められています。

そこで今回は、デフサッカー男子日本代表監督の植松隼人氏や介助の専門家を講師に招き、介助において何が求められているのかをお聞きする中で、ADL支援のための製品づくりについてのヒントを得るためのセミナーを開催いたします。

介護・福祉関係に携わる方、またそれらに関連する設備や器具の製造に関心をお持ちの多くの皆様にご参加いただきたくお願い申し上げます。

日時

2020年01月28日(火曜日)

お申し込み

受付中

内容

1.講演会

  テーマ 聴覚障害とはどんな障害?日常生活の困りごと、して欲しいこと

  講 師 デフサッカー 男子日本代表監督  植松 隼人 氏

2.介助の現場からADL支援を探るセミナー

  テーマ 配慮が必要な方とその方法
   ・障害の個人(医学)モデルと社会モデルを理解する
   ・加齢による変化と配慮することを理解する
   ・車椅子利用者や視覚障害者の概要と不便なことを理解する。
   ・安全な介助やお手伝いのポイント

  講 師 (公財)日本ケアフィット共育機構インストラクター 石井 しおり 氏


3.意見交換

お問い合わせ

〒399-4501 伊那市西箕輪2415-6伊那技術形成センター内
  • TEL.0265-76-5668
  • FAX.0265-73-9023

Eメールでお問い合わせをする。

長野県テクノ財団のメディカル産業分野における取組みの紹介

Copyright(C) 2012 Nagano Techno Foundation. All rights reserved.