本部事業

  • ホーム
  • お知らせ
  • セミナー・イベント
  • 事業・研究会紹介
  • センター概要
  • 交通アクセス
  • 募集要項
  • レポート

メディカル産業支援

医療機器でEU圏域へ進出するための「CEマーキング」

申込終了

概要

財政危機に揺れるEU圏域ですが、医療機器を手掛ける企業にとっては、米国に次ぐ市場規模を持つEU圏域への進出は企業戦略上も大変重要です。またEU圏域では、「CEマーキング」の医療機器指令が制定されており、この対応は必須になります。
前回のISO13485の解説セミナーに引き続き、今回は「CEマーキング」についての理解を深めるセミナーをエマーゴ・ジャパン・コンサルティング(株)の代表取締役 宮原 通晴様をお迎えして、医療機器でEU圏域への進出を計画する企業の皆様に、国際動向も踏まえた「CEマーキング」の解説を中心にお話いただきます。
また、ノーティファイド・ボディ(CEマーキング認証機関)であるSGSジャパン(株)のアシスタントマネージャー稲垣 直規様より「CEマーキング」の認証取得に関わる対応内容について解説いただきます。
医療機器でEU圏域への進出を考える一助になればと考えておりますので、多数の皆様のご参加をお待ちしております。
日時

2012年02月24日(金曜日)14:00 ~17:00

場所 RAKO華乃井ホテル 2階「パルケ」の間
定員 50名
受講料 無 料
交流会 あり
内容

≪宮原 通晴氏の紹介≫
  外資系コンサルティング・ファームでISOコンサルティング部門を立上げ、その後ISO9001コンサルティング手法を構築。多数の顧客に業務を提供し、更にISO13485構築支援サービス、さらには改正薬事法対応コンサルティングサービスと新たなサービスを開発して提供している。2008年より現職。官公庁及びJETRO等からの依頼で国内外におけるセミナー講師の実績が多数。

≪稲垣 直規氏の紹介≫
SGSはスイスのジュネーブに本部があり、世界145ヶ国に1,000箇所以上のオフィスを有する世界最大規模の民間検査機関である。その日本法人であるSGSジャパン株式会社に入社後、クライアントケアを担当し、ISO13485、MDD、IVDD、指定管理医療機器基準適合性評価等の医療機器認証審査サービスを専門に担当している。主な資格:SGS認定ISO13485審査員

お問い合わせ

〒380-0928 長野市若里1-18-1長野県工業技術総合センター3F
  • TEL.026-226-8101
  • FAX.026-226-8838

Eメールでお問い合わせをする。

Copyright(C) 2012 Nagano Techno Foundation. All rights reserved.