本部事業

  • ホーム
  • お知らせ
  • セミナー・イベント
  • 事業・研究会紹介
  • センター概要
  • 交通アクセス
  • 募集要項
  • レポート

メディカル産業支援

国際医療フォーラム2012 『信州発 新しい医療機器ビジネス(材料)の展開~病院における感染症対策~』

申込終了

概要

国の「新成長戦略」をもとに長野県は産業グランドデザイン(2012年~2016年)を策定し産業振興に邁進しています。従来の精密加工・組立産業とは異なる「材料」という新しい切り口で医療・健康分野へ参入した事例の紹介を通して、折しも厚生労働省においてDPC制度が実施され、医療関連感染対策が病院経営に極めて重要な課題となっている現状を踏まえ、これからの病院経営に必要な感染対策と新たな製品・産業の可能性をお伝えする講演会を企画いたしました。

米国で活躍されている病院経営のプロフェッショナル、米国環境保護庁(EPA)諮問委員会委員(アリゾナ大学細菌学研究室教授)、殺菌効果・抑制効果を研究されている信州大学医学部教授、実際に感染症対策に携わる慈泉会相澤病院常務理事から、最先端の医療機器動向と病院ニーズに基づいた感染症対策向け製品のヒントをお話いただきます。

メディカル産業に既に参入されている企業・これから新規に参入を目指す企業、支援機関の皆様、さらに病院経営に携わっている方々のお役にたてればと考えております。

多数の皆様のご参加をお待ちしております。

日時

2012年10月25日(木曜日)13:00~17:00

場所 国立大学法人 信州大学 松本キャンパス 旭総合研究棟9F 講義室A/B
定員 100名
受講料 無料
内容

講師
アキよしかわ氏 (PH.D)
 米国グローバルヘルス財団理事長・グローバルヘルス・コンサルテング米国会長。
Charles P.Gerba氏(チャールズP. ジバ)(PH.D)
 米環境保護庁(U.S.Environmental Protection Agency)諮問委員会メンバー
 アリゾナ大学環境微生物物理学教授
本田孝行氏
 信州大学医学部病態解析診断学教授、医学部付属病院臨床検査部・輸血部部長、 
 感染制御室室長
塚本建三氏
 慈泉会相澤病院常務理事
栗田敬子氏
 慈泉会相澤病院感染対策室主任推進役

プログラム
 Ⅰ 開会         (13:00~13:03)
 Ⅱ 長野県の取組み (13:03~13:10) 一般社団法人長野県経済研究所調査部長  小澤吉則氏
 Ⅲ 講演      (13:10~16:45)
  1.DPC環境下における感染症対策と病院経営~米国の経験から学ぶこと~
    米国グローバルヘルス財団理事長(元スタンフォード大学教授)          アキよしかわ氏
  2.継続して殺菌可能な新素材の紹介と米国EPA取得の意義
    米国環境保護庁諮問委員会(アリゾナ大学細菌研究室教授)        Charles P.Gerba氏
~休憩 10分~
  3.医療関連感染の原因と今後の予防対策
    国立大学法人信州大学 医学部病態診断解析学 教授               本田 孝行氏
  4.新しい感染症対策製品の使用事例
    慈泉会相澤病院常務理事                                 塚本 建三氏  
    感染対策室主任推進役                                   栗田 敬子氏
 Ⅳ 閉会      (16:45~16:50)

申込方法  締切 平成24年10月19日(金)
 長野県テクノ財団HP申込フォームまたはEメールにてメディカル産業支援センターへお申し込みください。(※企業名/機関名、所在地、TEL、参加者氏名、Eメール)
なお、参加者が定員を超え次第、締め切らせていただきます。
 HP http://www.tech.or.jp/seminar/  Eメール me-techno@tech.or.jp
 申込書にご記入いただいた個人情報は、当フォーラム登録情報として利用し、他の用途には使用いたしません。

お問い合わせ

〒380-0928 長野市若里1-18-1長野県工業技術総合センター3F
  • TEL.026-226-8101
  • FAX.026-226-8838

Eメールでお問い合わせをする。

長野県テクノ財団のメディカル産業分野における取組みの紹介

DTF BRINGS YOU CONTENTMENT 長野県諏訪地域におけるDTF研究会の取組み

Copyright(C) 2012 Nagano Techno Foundation. All rights reserved.