本部事業

  • ホーム
  • お知らせ
  • セミナー・イベント
  • 事業・研究会紹介
  • センター概要
  • 交通アクセス

産学官交流事業

産学官金連携支援事業

産学官金連携による長野県産業の活性化方策等について協議・決定する「長野県産学官連携協議会」を開催し、連携を強化します。

コーディネータ資質向上事業

産学官金連携の活性化を更に推進するため、国や県などから講師を招へいし、コーディネータの資質向上に寄与する研修会を開催します。

先進的クラスター連携強化事業

本県とは異なる技術分野での産学官連携研究開発において、優れた成果を上げている先進的クラスターの技術蓄積の中から、本県産業の新分野進出に活用できる新規技術シーズを探索するとともに、当財団からの成果等の発信による新たな連携も模索します。

新産業創出支援事業

メディカル産業支援・ネットワーク構築事業

メディカル産業支援に積極的な県内産業支援機関とともに、医療現場のニーズや医療機器販売等の豊富な知見を有する医療機器の製販企業向けの展示会開催や製販企業とのマッチング等を実施し、事業化を見据えた県内企業のメディカル分野参入支援及び支援ネットワーク構築等を目指します。

有用微生物応用事業

研究会活動により、発酵微生物を利用したアミノ酸等製造の産業化に向けて、地域企業と共に産学官連携を推進します。また、地域の味噌蔵・醤油蔵等と連携した新たな乳酸菌活用プロジェクトの構築と推進を検討します。

東京理科大学連携強化事業(光触媒技術応用事業)

日本一のキノコ生産県である当県において課題となっているキノコ廃培地について、当財団と連携協定を締結している東京理科大学の有する光触媒技術を用いた技術革新により、高付加価値製品である希少糖を生成できる可能性が見出されたことから、その研究開発の推進と県内での事業化に向けた取組の加速化を支援します。

発酵食品・機能性食品産業集積事業

醸造蔵に存在している多くの有用な微生物(地域遺伝資源)や豊富な果物等の地域資源を活用し、新商品の開発等を活性化させることで発酵食品・機能性食品産業の集積形成を図るために、新たな有用微生物の探索支援等を行います。

SD(Smart Device)プロジェクト

長野県の主力製造品であるデバイスやモジュールの差別化、高付加価値化を図るため、アイデアのある人が設計し、作って、使う「マイチップ」開発を推進します。これによりデバイス、モジュールの頭脳部分であるICが独自の部品となるため、技術のブラックボックス化等が可能になります。この「マイチップ・マイモジュール構想」を推進することにより、長野県独自のIC設計開発プラットホームを構築し、県内企業の新ビジネス創生を目指します。

信州MEMS研究会

MEMSセンサは多様なニーズに対して微細加工技術を駆使して生み出されるもので、その開発エリアは非常に広範です。また、商品化されたMEMSデバイスをどのようなアプリケーションで活用するかはアイデア次第です。このようなことから、MEMS技術に関する広範な情報を提供する本研究会の開催を通じ、新たなMEMSデバイスの開発や用途開発を行う県内企業の取組を支援します。

次世代パワーエレクトロニクス研究会

これからの省エネ技術として、SiCパワーデバイス・モジュールは非常に重要です。このため広く参加者を募ってこの技術の応用に関する実用的なセミナーを開催することで、県内企業の当該技術への理解を深め、技術の波及拡大を図ります。

航空宇宙産業集積促進事業

航空宇宙産業集積の取組において飯田地域と連携し、その地域が抱える技術的課題を長野県工業技術総合センター、他地域の企業及び信州大学等と解決することを通じて、航空宇宙産業集積を県内全域に波及させていきます。
① 技術マッチング支援、ビジネスマッチング支援
② 航空機関連製品開発製造技術支援
③ 展示会出展支援
④ 品質保証規格の取得支援、技術系人材育成支援

共同研究支援事業

研究開発費獲得支援事業

県内企業の新技術・新製品研究開発への取組を活性化するため、提案公募制度説明会の開催や、コーディネータによる個別支援など、研究開発費獲得へのきめ細やかな支援を実施します。また、提案公募制度を活用した研究開発成果の早期事業化を図るため、補完研究などへの継続的な支援を行います。

財団コーディネート活動支援事業

コーディネート活動によって、市場競争力を有する新技術・新製品の具現化を目指す産学官連携研究開発プロジェクトが立ち上がり、当該プロジェクトが、提案公募制度の活用等により、実用化に向けたより大型のプロジェクトへの展開を計画する場合において、それに必要な事前調査、実験、試作等に要する経費を支援します。

国際展開支援事業

国際ネットワーク構築・技術交流事業

ベトナム国家大学の集積回路設計研究センター(ICDREC)等との連携関係を深化させるため、県内学術機関との共同研究開発などの連携を支援し、長野県独自のIC設計開発プラットホームの構築(マイチップ構想)を推進します。

Wiintech 等との国際連携ネットワーク構築支援事業

Wiintechの参画機関であり、ポルトガルのエンジニアリング&ツーリングクラスターの中核組織であるPool- net(Portuguese Tooling&Plastics Networking)と、射出成型・金型技術開発をテーマにした相互の産学官の技術交流を深め、具体的なネットワーク構築を支援します。

人材育成事業

グローバル展開実践カレッジ

海外におけるプレゼンテーションを想定した技術者等の実践的な英語コミュニケーション力を向上するとともに、海外展示会用の英語版フライヤー作成技術など、グローバル展開戦略を推進する上で必要となる英語による技術提案力を習得できる機会を提供し、県内企業のグローバル展開を支援します。

広報等事業

学会等支援事業

学会等の関係機関が実施する地域産業の活性化に資する産学官連携事業が効果的に実施できるよう、共催、後援等の支援を行います。

テクノニュース発行事業

県内企業や研究機関等の関係者に対して、財団の活動状況や成果等を分かり易くお知らせし、財団事業への一層の参加、支援、協力を仰ぐことにより、財団事業の更なる高度化を図ります。

財団ホームページの充実、広報事業

県内の産学官連携の取組みや財団の各種事業をタイムリーに情報発信するため、ホームページ、メディア、広報資料等を活用した広報を行います。

研究開発成果等情報発信・普及拡大事業

様々な分野の技術情報がグローバルな規模で集まる展示会に出展し、当財団が進めるプロジェクトや研究開発の成果等を広く情報発信することで、研究開発成果の早期事業化に資する新たな産学官連携活動の活性化につなげます。

長野県テクノ財団のメディカル産業分野における取組みの紹介

DTF BRINGS YOU CONTENTMENT 長野県諏訪地域におけるDTF研究会の取組み

Copyright(C) 2012 Nagano Techno Foundation. All rights reserved.