地域イノベーションクラスタープログラム(知的クラスター創成事業)(第II期)信州スマートデバイスクラスター

トップページ > 事業概要 > 第 II 期 > 事業について

事業について 第 II 期

ごあいさつ

 長野県の強みである超精密微細加工技術、精密成形技術、デバイス設計技術・商品化技術等と信州大学等のナノテクノロジーを結合し、圧倒的競争力を持つ新たな産業集積を目指す知的クラスター創成事業に取り組んできました。
 地域イノベーションクラスタープログラム グローバル型 第II期 (旧 知的クラスター創成事業)では、この成果を核として広域的体制による産学官共同研究開発を実施し、世界的に優位なスマートデバイス・スーパーモジュールの商品化・事業化を目指し、競争力のある企業の地域への集積を目指しております。
 企業の皆様のニーズ、シーズ、ご関心のあるテーマがございましたら、是非お問合せください。

本部長((財)長野県テクノ財団 理事長) 萩本博幸

事業概要

ナノカーボンを利用したスマートデバイスの研究開発

信州大学工学部が中心となり、CNTを中心としたナノカーボンを用いた新規複合材を創出し、エネルギー応用、複合めっき、複合材開発・実用化、生体応用研究等に取り組み、新たな技術を確立し、デバイスの創出を目指します。

研究機関:
信州大学工学部・繊維学部・医学部・教育学部・カーボン科学研究所、国立長野高専、山形大学、松本歯科大学、長岡技術科学大学

有機無機ナノマテリアルを利用したスマートデバイスの研究開発

信州大学繊維学部が中心となり、有機ナノ材料の合成と有機EL及び関連デバイス、高分子アクチュエータ、ゾルゲル技術を利用した高強度耐熱膜等のデバイス、高分子を利用した臭気・VOCセンサー、ナノダイヤモンド膜を使用したデバイスの創出を目指します。またインターンシップ事業も実施します。

研究機関:
信州大学繊維学部・工学部、国立長野高専、千葉工業大学

界面ナノテクノロジーを利用したスマートデバイスの研究開発

東京理科大学が中心となり、界面ナノテクノロジー技術を用いて、ナノ中空粒子、ナノポーラス高分子、コロイド結晶等のナノ粒子を実現し、高識別センサー、高性能触媒の開発を目指します。

研究機関:
東京理科大学、山口東京理科大学、諏訪東京理科大学

デバイス試作・創出の研究開発

長野県工業技術総合センターが中心となり、ナノ粒子複合材料の開発と各種部材の製品化、高品位薄膜の研究開発とそれを用いた各種高機能デバイスの製品化を目指します。

研究機関:
長野県工業技術総合センター、信州大学工学部

ナノカーボン最先端開発拠点形成プログラム(国際連携)

信州大学工学部、カーボン科学研究所が中心となり、海外のナノカーボン研究者・機関と連携を図り、研究者の相互派遣等を実施します。これにより、長野にナノカーボンの先端開発拠点を形成することを目指します。

研究機関:
信州大学カーボン科学研究所・工学部

人材育成事業

ナノテクノロジー研究の人材を育成するため、座学だけでなく実習も取り入れたナノテクスーパーカレッジ、ナノテク実践カレッジを実施します。また、参加企業へ大学院生を派遣し、知的クラスターの研究開発を促進させるとともに、次代を担う研究者を育成することを目指します。

クラスター形成のための地域独自事業

ナノテク・フォーラム長野、新材料活用研究事業、技術シーズ育成事業、新産業参入支援事業等、クラスター形成に資する地域独自の諸事業を実施しています。

#

English