知的クラスター創成事業(第 II 期) 信州スマートデバイスクラスター

トップページ > 事業概要 > 第 I 期 > 事業について

事業について 第 I 期

知的クラスター創成事業の取り組み

本事業は、信州大学等と長野県を中心とした開発型企業が連携し、新技術を共同開発して新商品・新事業を生み出す取り組みです。信州大学等におけるナノテクノロジーを実用レベルに具現化して、超微細・高機能デバイス(素子・部品)、その応用商品群の創出を進めております。 この活動により、新産業の創出、雇用機会の増大、既存産業の競争力向上を目指します。

事業概要

スマートデバイスクラスターの形成

産学官連携による共同研究開発プロジェクトの推進
ナノカーボンコンポジットによるスマート機能デバイスの研究開発

信州大学工学部が中心となって、Endo fiberならびにCNTをフィラーにした新規複合材により、熱伝導性、導電性、機械特性、精密加工性、耐摩耗性などにおいて優れた新規機能を有するデバイス、複合モジュールを開発します。

実施機関:
信州大学(工学部、繊維学部)、オリオン機械(株)、KOA(株)、サン工業(株)、シチズンミヨタ(株)、シナノケンシ(株)、セイコーエプソン(株)、セラテックジャパン(株)、多摩川精機(株)、チノンテック(株)、塚田理研工業(株)、東京特殊電線(株)、長野計器(株)、長野日本無線(株)、日精樹脂工業(株)、ニチコン(株)、(株)放熱器のオーエス、(株)みくに工業、(株)ミスズ工業、宮坂ゴム(株)[参加企業 19社]
研究協力:
山形大学、松本歯科大、信州大学医学部、国立長野高専、長野県工業総合技術センター、信州大学カーボン科学研究所
機能性ナノ高分子材料による有機ナノマテリアルデバイスの研究開発

信州大学繊維学部が中心となって、機能性ナノ高分子材料を核にした有機半導体レーザの研究会開発、有機LED素子技術の開発とそれらを核にした応用製品開発を進めます。

実施機関:
信州大学(繊維学部、工学部)、(株)アルゴル、エンジニアリングシステム(株)、KOA(株)、セイコーエプソン(株)、東海ゴム工業(株)、東京特殊電線(株)、長野計器(株)、日本曹達(株)、野村ユニソン(株)、日置電機(株)、藤森工業(株)、保土谷化学工業(株)[参加企業 12社]
研究協力:
国立長野高専、長野県工業技術総合センター
スマートデバイス商品化への研究開発(関係府省連携プロジェクト)

産業クラスターの移行に向けた「CNT複合材実用化研究開発」と「ゾルゲル技術を利用したミクロ多孔膜の研究開発」の2つの課題にて研究開発を進めます。

実施機関:
信州大学(工学部、繊維学部)、臼井国際産業(株)、KOA(株)、(株)コシナ、シチズンミヨタ(株)、シナノケンシ(株)、(株)しなの富士通、セイミケミカル(株)、セラテックジャパン(株)、多摩川精機(株)、東海ゴム(株)、東京精電(株)、東京特殊電線(株)、日信工業(株)、日精樹脂工業(株)、ニチコン(株)、藤森工業(株)、マイクロコーテック(株)、(株)ミスズ工業、(株)ミマキエンジニアリング[参加企業 19社]
研究協力:
信州大学カーボン科学研究所、長野県工業技術総合センター、(独)物質・材料研究機構
CNT複合材による商品化応用技術開発

長野県工業技術総合センターが中心となって、CNTを添加した新規複合材の商品化技術開発を進めます。

実施機関:
長野県工業技術総合センター(材料技術部門)、(株)イーアンドエフ、多摩川精機(株)、長野鍛工(株)、ナパック(株)、(株)日本テクノ、松山技研(株)、ミネベア(株)[参加企業 7社]
無機ナノマテリアルのスマート機能に関する研究開発

東京理科大学が中心となって、無機ナノ微粒子・薄膜を核にした光・電子機能性材料、金属薄膜・触媒材料などの開発を進めます。

実施機関:
東京理科大学(工学部、基礎工学部、理学部、理工学部、総合研究機構)、IAM電子(株)、(株)日本ボロン、GAST JAPAN(株)、(有)マテリアルサイエンスナガノ、KOA(株)、大和電機工業(株)、山口東京理科大学(基礎工学部)[参加企業 6社]
研究協力:
長野県工業技術総合センター
人材育成事業の推進

持続的なクラスター形成を図る上で必要な人材の育成を図るため、基礎と高度専門コースを取り入れた計測・評価講座と成膜講座、また大学院生等の企業体験を通じた人材育成を図るため、インターンシップ事業を実施しています。

産学関連携体制整備の推進

上記の研究成果の普及活動に向けた取り組みや、ナノテクを基礎とした人的ネットワークの構築等を進め、新たな商品開発・事業化を目指す活動、人材育成等を展開しています。

#

English