浅間テクノポリス地域センター

  • ホーム
  • お知らせ
  • セミナー・イベント
  • 事業・研究会紹介
  • センター概要
  • 交通アクセス
  • 募集要項
  • レポート

浅テク・ハイテクセミナー

ハイテクセミナー 種探し&未来技術を語る 「ロボット開発の最前線」-(申込締切:9/25)

レポート

概要

 今回は、ロボット開発の世界でこれまで数々の伝説を作り上げてきた"ロボット開発の異彩"千葉工業大学・未来ロボット技術研究センター(略称:フューロ)fuRo・所長、古田貴之氏をお招きします。 2003年、同大学が最先端のロボット研究・開発に取り組むため、未来ロボット技術センターを開設。 古田氏は、所長に就任するや、次々に新しい開発を手掛け、8つの脚を持つ車型ロボット「ハルキゲニア01」を開発。坂道、段差でも車体を水平に維持したままで走行できる8本足の電気自動車プロトタイプモデル。 更に、その進化型ロボット「ハルクⅡ」を開発し、車輪型から昆虫型、哺乳類型に変形するこの「ハルクⅡ」は、世界各国から注目を集めた。 そしていま、fuRoは、レスキューロボット「クインス」を開発、そして、今年7月には、原発災害対応ロボット「ローズマリー」を登場させた。 ローズマリーは原子炉建屋内作業専門のロボットとして開発したもので、性能はクインスの3倍に当たる60キログラムの積載量も実現した。
 今回、古田所長より、ロボット開発にかける熱い思いとロボット開発の最前線についてお話しをお伺いします。恐らく、大変興味深いお話をいろいろお伺いできるものと期待が膨らみます。
 またとない機会ですので、是非、沢山の方のご参加をお勧めします。

 

お申込は必要事項をご記入の上、平成24年9月25日(火)までに下記フォームまたはFAXにてお申し込み下さい。

日時

2012年10月02日(火曜日)14:00~15:00

場所 信州大学繊維学部内 上田市産学官連携支援施設 (AREC) 4階会議室
受講料 無料
内容

◆内容/テーマ
演 題 : 「ロボット開発の最前線」
講 師 : 千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター
                 所長  古田 貴之 氏
◆講師プロフィール
工学博士 1968年、東京都生まれ。 1996年、青山学院大学大学院理工学・研究科機械工学専攻博士後期課程中途退学後、同大学理工学部機械工学科助手。2000年、博士(工学)取得。同年、(独)科学技術振興機構のロボット開発グループリーダーとしてヒューマノイドロボットの開発に従事。2003年6月より千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター所長。著書:「不可能は、可能になる」(PHP研究所)等。

お問い合わせ

〒386-8567 上田市常田3-15-1信州大学繊維学部内
  • TEL.0268-23-6788
  • FAX.0268-23-6673

Eメールでお問い合わせをする。

Copyright(C) 2012 Nagano Techno Foundation. All rights reserved.