浅間テクノポリス地域センター

  • ホーム
  • お知らせ
  • セミナー・イベント
  • 事業・研究会紹介
  • センター概要
  • 交通アクセス
  • 募集要項
  • レポート

Report

浅テク・ハイテクセミナー

ハイテクセミナー 種探し&未来技術を語る 「電気自動車の量産技術と将来動向」-(申込締切:10/12)

レポート内容

 H24年度「ハイテクセミナー 種探し&未来技術を語る」シリーズとして、『電気自動車の量産技術と将来動向 ~車両、バッテリー、モーター~』が開催されました。
講師に、日産自動車株式会社 車両生産技術本部 先進車両生産技術部 エキスパートリーダーの 岸田 郁夫 様をお招きしました。

NISSANの電気自動車について、経営戦略からキーデバイスの生産プロセスまで、ビデオ映像も交えて、下記に沿ってご講演頂きました。

 

序)ゼロエミッションに向けた経営戦略
1)NISSANの電気自動車の魅力
2)EV普及に向けた取り組み
3)LEAF車両生産
4)モータ、インバータ生産
5)リチウムイオンバッテリーの開発とグローバル展開
6)バッテリ生産技術の取り組み

 

 まずは、地球温暖化、石油資源の枯渇に対応すべく、「ゼロ・エミッション車」と「クリーンエネルギー製造」を目指した日産の経営マネジメント「NISSAN POWER 88」の取り組みについてのお話しをお聞きしました。
 また日産LEAFの概要説明と、EV普及に不可欠な充電インフラや将来のスマートコミュニティ構想への対応についてのご紹介もありました。
 そしてガソリン車からEV車への変化として、パワートレイン部が電池、インバーター、モーターに置き換わるため、その品質保証、電気系の安全確保、混流生産方式といった新しい課題に対する対応が必要になり、それらについての取り組みをご紹介頂いた。
 またキーデバイスである新開発ラミネート型リチウムイオンバッテリーについて、材料、構造、生産プロセス等を実物サンプルも見ながら、ご説明頂きました。
 バッテリーのグローバル生産は、国内で「グローバル標準ライン」を確立し、これを海外量産工場にコピーすることにより、高品質で安定した生産の実現を目指されています。
またそのシステムを稼働させるための現地人材を育成するグローバルトレーニングセンターの紹介もして頂きました。
 今回は、電気自動車のものづくり全般について、網羅的に学べる良い機会となりました。

Photo

下記のイメージをクリックしますと写真が大きく表示されます。

お問い合わせ

〒386-8567 上田市常田3-15-1信州大学繊維学部内
  • TEL.0268-23-6788
  • FAX.0268-23-6673

Eメールでお問い合わせをする。

Copyright(C) 2012 Nagano Techno Foundation. All rights reserved.