浅間テクノポリス地域センター

  • ホーム
  • お知らせ
  • セミナー・イベント
  • 事業・研究会紹介
  • センター概要
  • 交通アクセス
  • 募集要項
  • レポート

Report

長野県組込みシステム研究会

長野県組込みシステムコンソーシアム 合同分科会

レポート内容

第1回 組込みシステムコンソーシアム 合同分科会が10月31日上田市で開催されました。

 組込みシステムは、デジタル機器産業にとって欠く事のできない技術となっていますが、場面や分野により様々な課題も見えてきています。
 そこで課題別にグループを分け、所属したメンバー全員で主題に取り組んでいく3つの分科会を開設しました。 本日は3つの分科会の第1回目が合同して行われました。

 

第1回 機能安全分科会

 座長をシナノケンシ(株) 上原氏にお願いし、まずはメンバーの自己紹介が行われました。分科会へは、ソフトウェア開発分野、回路・ハードウェア設計、ファームウェア等に携わる方々が参加しています。

 初回という事で、まずは分科会をどのように計画、運営していくかの議論となりましたが、一口に「機能安全」と言っても、 話題が広範にわたるため、まずは分科会にどのような思いを持って参加したか、また、分科会としてどのような方向性としていくかをメンバー全員で確認していくため、「自分が考える機能安全とは?」といったような主題で、 後日メンバーへアンケートを実施する事となりました。また、今後は二ヶ月に1回程度のペースで分科会を開く事が確認されました。
 後半、組込みについて研究、取り組みをされている信州大学工学部のお二方の先生から機能安全に関連するコメントやその他のお話を頂き、 有意義な会となりました。


第1回 開発技法分科会

 本分科会の進行に当たり、システムクリエイト(株)の米窪氏に座長をお引き受け頂き、第1回目の本日は、分科会の今後の方針について意見発表を兼ね、自己紹介が行われました。

 「開発技法」について参加者メンバーから、品質と生産性、仕様書とコードの結びつき、一部の技術者のセンスに頼り、引き継ぎ、 標準化が難しくなっている現状等の様々な課題がある事が発表されました。
 そのような中から、話題が多くあるため、例えば今後はIPA(情報処理推進機構)から講師をお招きしてのセミナー等で理解を深めていき、 今後は二ヶ月に1回程度のペースで分科会を置く事が確認されました。
 後半、信州大学工学部のお二人からの開発技法に関連するコメントやその他のお話を頂きました。


第1回 組込開発マネジメント分科会

 座長に(株)富士通コンピュータテクノロジーズの佐藤氏が選ばれ、1回目の会議となる今回は、メンバーの自己紹介並びにこれからの分科会についての進め方について意見を出してもらう事となりました。

 既にマネージャーとして現場におり、仕様変更に伴う色々な調整についてや、突発的、予定外の事態に接して思いを口にする方、 これから勉強を重ねて行きたいという方など、マネジメントに臨む立場の範囲が広いため、まずはメンバーにアンケート等を行っていき、 加えてIPAの方にセミナーをお願いする等、二ヶ月に1回程度の活動を計画していこうとなりました。
 後半、信州大学工学部のお二人の先生からマネジメント関連のコメントを頂き、メンバーが問題を再認識する内容でした。

Photo

下記のイメージをクリックしますと写真が大きく表示されます。

お問い合わせ

〒386-8567 上田市常田3-15-1信州大学繊維学部内
  • TEL.0268-23-6788
  • FAX.0268-23-6673

Eメールでお問い合わせをする。

長野県テクノ財団のメディカル産業分野における取組みの紹介

DTF BRINGS YOU CONTENTMENT 長野県諏訪地域におけるDTF研究会の取組み

Copyright(C) 2012 Nagano Techno Foundation. All rights reserved.