浅間テクノポリス地域センター

  • ホーム
  • お知らせ
  • セミナー・イベント
  • 事業・研究会紹介
  • センター概要
  • 交通アクセス

産学官交流事業

お出掛け産学交流会

主に県外の有用なシーズを有する大学の学部・学科、先生の研究室を直接訪問し、施設を見学しながら産学交流を行う。

浅間幹部技術者交流フォーラム

地域企業の技術幹部等が、アドバイザー(大学の先生)や講師、コーディネータと共に、技術シーズやニーズの情報交換を行い、相互研鑽及びネットワークづくりを進め、新たな研究開発を効果的に企画・実施できるように支援する。

研究シーズ発表会(~H27)

大学による研究開発等の発表会、企業との交流会を支援し、大学シーズの地域企業への普及と産学連携を促進する。(AREC共催事業)

新産業創出支援事業

コーディネート活動事業

担当地域内の企業を訪問し、技術開発・商品化・市場開拓等の企業の課題解決や、産学官研究開発グループの創出などに向けたコーディネート活動を、より活発に実施するとともに、当地域センター事業に対する企業ニーズを探り、効果的な事業企画・運営に資する。

ゼロエミッション推進研究会(~H23)

平成12(2000年)、産業廃棄物の処理・リサイクル手法を開発し、浅間地域内のゼロエミッションを実現するため、 浅間地域内8企業で「ゼロエミッション推進対策委員会」を発足させ、その研究を進めてきた。

• 信州大学名誉教授 田草川信雄氏をコーディネータとし、行政機関、廃棄物処理事業者、 廃棄物処理プラントメーカー等をアドバイザーとして依頼し、 地域企業が共同で処理できるシステム(体制)づくりの検討を行い、 地域内ゼロエミッションの実現に向けての事業展開。

• 平成16年(2004)4月からは、その規模を23社に拡大し、「ゼロエミッション推進研究会」を組織。

◦ 合理的な処理方法、処理モデルルートの調査 。

◦ 自社の廃棄物処理ルートへの適用・改善 。

◦共同で廃棄物を処理する(共同回収・共同処理)を行動目標とし、ゼロエミッションのさらなる地域拡大を目指した。

◦活動成果
・平成15(2003年)「廃棄物処理事例集2003」編集 研究会成果発表会実施
・平成17(2005年)「廃棄物処理事例集2005」編集 ゼロエミッション活動推進フォーラム開催
・平成18(2006年)「有価物事例分類表」発行(204分類) 研究会活動報告会

佐久モノづくり研究会

参加企業のノウハウ、固有技術を集結して商品開発に取り組み、会員企業の永続的な発展を通して、地域への貢献を目指している佐久ものづくり研究会の研究開発活動をコーディネータが参加し、支援する。

信州オプト研究会(~H24)

目的:
「光」をキーワードにしたテクノロジーの産業・商業活用の原点を探り、あらゆる分野での“光”の活用の可能性と正面から向かい合って、 産業活性化につながる長野県全域での技術ネットワ―クの構築を目的としています。

内容:
1. 技術とともにノウハウにも視点をあてた「光」の講演会・勉強会を年4回2年間で計8回を予定しています。

2.“ものづくり産業”の技術・現場にかかせない、[加工」、「計測」を中心に進めていきます。

地域産業革新活動支援事業

地域内で開催される産業展・学会等を支援すると共に、地域コーディネータ連絡協議会等に参加し、情報共有を行い、産学官連携の活性化を図る。

感性応用計測研究会

「使いやすさ」、「心地よさ」といった感性をものづくりに取り入れ、感性の数値化および分析評価を行い、製品開発、デザイン、マーケティングに生かすための調査・研究を行う。今年度は睡眠の快適感「寝心地」の計測・分析・評価の研究を行い、消費者に好まれる寝具(ベット、ふとん、枕等)の商品開発を主とする。

浅間精密成形金型研究会(~H26)

従来のモールド精密金型主体からさらに幅広い金型を対象とし、製造業の海外生産移転をも意識した将来の方向性への対応と、喫緊の課題である品質向上及びメンテナンスの最適方法等を研究するとともに、企業体質の強化を推進する。

農商工連携・地域資源発掘研究会(~H25)

農商工連携・地域資源発掘研究会をARECと共に共催する。

長野県組込みシステム研究会

県内の組込みシステム産業に対し、技術革新による産業高度化と新産業創出を図る目的で、最新技術情報等を提供して開発技術力の向上を図ると共に、会員間のネットワークによる相互研鑚を通じて企業体質の強化を図る研究会を開催する。

3Dプリンター活用研究会(~H28)

 3Dプリンターの導入企業や導入に関心の高い企業などで研究会を形成し、各メンバーの強みを融合させ、3Dプリンターを活用した具体的な試作品の製作やその市場評価等を行い、地域のものづくり力強化を目指す。
<ものづくり中小企業・小規模事業者連携支援事業>

共同研究支援事業

人材育成事業

“トップに聞く”シリーズ(~H26)

経営トップに、その企業の技術開発や経営の実体験等を聞き、技術開発等の考え方やアプローチの実際を学ぶ講演会を開催する。

マネジメントシステム改善研究会

研究開発型企業における新技術・新製品の研究開発とその成果の早期事業化には、各種マネジメントシステム(ISO9001,14001等)の構築・運用・ 改善が欠かせない。最新情報の共有や相互啓発により自社システムの向上を目指す研究会を開催する。

ミドル管理者養成塾

研究開発型企業において組織の中核を担うミドル管理者の役割は益々重要になってきており、部署チームの事業展開をマネジメントするチーム経営者として必要な知識・スキルを、体系的かつ実践的に学ぶ養成塾を開催する。

先端技術セミナー「長野実装フォーラム」(~H26)

エレクトロニクスの実装技術についての動向、最新技術、問題点、今後の展開等を学ぶ。長野県工科短大教育研究振興会と共催する。

<子供科学技術教室>

子供科学技術教室(ロボコン)

地域の子供たち(小中学生)を対象に、ものづくりの楽しさを味わい、創造力を養う子供科学技術教室(ロボコン)を開催する。地域企業のボランティア技術スタッフや信大の学生等とともに事業を運営する。

浅テク・ハイテクセミナー

新技術・新製品開発に向けて、今後成長が期待される「健康・医療」、「環境・エネルギー」、「次世代交通」等の分野の先端技術の動向や経営戦略をテーマとしたセミナーを実施する。

浅テク・ハイテクツアー

先端のハイテク工場を視察、研修する。

浅間ビジネス研究会

研究開発型企業の経営者を対象として、経営の課題を見つけだす眼力を鍛え具体的な解決方法を習得し、実践するための研究会を開催する。

浅間経営品質実践研究会(~H25)

長野県経営品質協議会と共催し、経営品質セミナーを開催する。 

環境・エネルギーセミナー

企業にとって新たなビジネスチャンスが広がると見込まれる、太陽光エネルギーや地域のバイオマス資源等の再生可能エネルギーに係る技術動向や、今後の産業展望等をテーマとしたセミナーを、さかきテクノセンターと共催する。

若手技術者養成講座

地域企業における技術力の底上げを図るため、現場で役立つ機械・電気工学の基礎や測定技術等を習得する講座を開催する。「機械加工コース」&「電子計測コース」

革新生産システムと情報技術(~H24)

情報技術を活用した、新しい生産システムの構築を図るための研修会を行う。

広報等事業

過去の事業

Copyright(C) 2012 Nagano Techno Foundation. All rights reserved.