アルプスハイランド地域センター

  • ホーム
  • お知らせ
  • セミナー・イベント
  • 事業・研究会紹介
  • センター概要
  • 交通アクセス
  • 募集要項
  • レポート

[新]商品力強化のための研修事業

アルハイ人材育成事業「商品力強化のための講演会」

受付中

概要

 昨秋 9/21に開催しました、品質保証と品質機能展開とのつながりの講義に引き続き、今回は品質機能展開の実際について、メーカーでの実践事例を挙げながら紹介します。

売れて・儲かって・安心できる商品の品質保証システム構築には品質機能展開:QFD (Quality Function Deployment)の活用が有効です。売れるためには真に顧客の要求を斟酌して設計する必要があり、これには品質展開が役立ちます。技術展開と生産技術展開によって技術が形となり、機構や部品に対してのコスト展開を行うことによって原価企画と原価見積もりができ、儲かる売価設定が可能となります。機構と部品について、FMEA(Failure Mode and Effects Analysis)によって故障の予測と予防ができ、ユーザーにとって安心できる製品となります。さらにQA(Quality Assurance)表とQC(Quality Control)工程表の作成によって、品質保証の業務展開まで構築できます。

今回は、前回の講義の次の段階として、QFDの流れの全体像と、特に品質展開と技術展開の詳細について、より具体的な実践事例を交えて紹介します。(前回聴講されなかった方にももちろん有用です。)企業経営者層の方々、商品企画・商品設計・生産設計・品質保証を担当される方々にとって非常に参考となるお話をお聞きできると思います。ぜひこの機会に聴講にご参加ください。

 

日時

2018年02月19日(月曜日)15:00~17:00

場所 長野県工業技術総合センター 環境・情報技術部門
定員 30名(先着順)
受講料 無料
お申し込み

受付中

お申し込みフォームからお申し込み下さい。

内容

テーマ 「品質機能展開の実際」
     「売れて・儲かって・安心できる」商品の
     品質保証システム構築の推進とその実践事例

講師  諏訪東京理科大学 経営情報学部
       教授  奥原 正夫 氏

お問い合わせ

〒390-0852 松本市大字島立1020松本合同庁舎内
  • TEL.0263-40-1780
  • FAX.0263-47-3380

Eメールでお問い合わせをする。

長野県テクノ財団のメディカル産業分野における取組みの紹介

DTF BRINGS YOU CONTENTMENT 長野県諏訪地域におけるDTF研究会の取組み

Copyright(C) 2012 Nagano Techno Foundation. All rights reserved.