理念・方針

理念

長野県内における地域産業資源を活用しつつ、技術革新による地域産業の高度化と産業創出を促進し、地域経済の活性化と自立化に資することを目的とする。

方針

ネットワークづくり

研究開発や新規事業の「シーズ」を探すとともに、企業における研究開発から事業化までのノウハウを習得するために、コーディネート活動を活発に行うと共に、大学等と企業、企業と企業の情報交換や人的交流を活性化させるためのネットワークの構築を行っています

ナノテク・フォーラム長野の運営

知的クラスター創成事業で行うナノテクノロジーの研究開発や、大学等による成果・基盤技術を他分野へ活用し波及させるために、本フォーラムでは産学官の人的ネットワークの形成を進め、ナノテクインキュベーションプラザの開催などにより、会員相互の情報交換の促進を図っております。会員数405名・団体(17年3月現在)

産学交流ネットワークの形成

大学・研究機関が持っている研究シーズの探索を行い、企業の開発ニーズとのマッチングにより新産業創出を図るため、長野県内外の大学・研究機関と各種産学交流会を開催しております。 その中で、東京理科大学とは、平成16年6月に産学連携協力協定を締結し、長野県内企業と東京理科大学が持つ研究開発シーズとのマッチングを図るため、同大学へのコーディネータの派遣や産学交流フォーラムの開催を行っております。

甲信越静広域交流事業(旧:信越ハイテクコリドープラン)

大学・研究機関が持っている研究シーズの探索を行い、企業の開発ニーズとのマッチングにより新産業創出を図るため、長野県内外の大学・研究機関と各種産学交流会を開催しております。 その中で、東京理科大学とは、平成16年6月に産学連携協力協定を締結し、長野県内企業と東京理科大学が持つ研究開発シーズとのマッチングを図るため、同大学へのコーディネータの派遣や産学交流フォーラムの開催を行っております。

Copyright(C) 2012 Nagano Techno Foundation. All rights reserved.